ヤング・リヴィングのエッセンシャルオイルとの出逢い

アロマヒーリングサロンPasionでは、直接塗油・飲用可能なセラピー等級レベルのフランス流アロマである「ヤング・リヴィング社」 のエッセンシャルオイルを扱っております。

アロマヒーリングサロンPasionでは、常に100種類以上の精油(エッセンシャルオイル)を常備し、お客様のBody・Mind・Spirtを最大限に癒し浄化するエッセンシャルを使用しセッションをさせていただいております。

取扱い精油について

ヤング・リヴィングは、現代のアロマテラピーの第一人者ゲリー・ヤング氏が創設した、現在世界最大規模のエッセンシャルオイルブランドです。最高級を上回る治療等級(セラピーグレード)のアロマ精油を130種以上、その他250種以上の栄養補助食品を扱っています。

ゲリー・ヤング氏は、偉大なるヒーラーでありドクター。薬事法が日本と異なるエクアドルでは、代替医療が治療として認められ、ヤング・リヴィング社の精油のみで治療するクリニックがあります、数多くの奇跡を起こしてます。ヤング・リヴィング社は、アロマ業界に留まらず、あらゆる分野においてのパイオニアといえる存在です。

ヤング・リヴィング社のエッセンシャルオイルは、世界的基準 AFNOR(フランス規格協会)とISOという世界的認知されている規格をふまえ、ヤングリヴィング社独自の厳しい規格「Seed to Seal®」を満たしています。 農薬に汚染されていない土、天然の山の水、有機肥料、アロマオイルを使用した害虫駆除、育苗から管理することで、天然で純粋なアロマエッセンシャルオイルは作られています。

アロマオイルは水蒸気蒸留により抽出されますが、農場の現地に蒸留釜を設置することで植物エネルギーがフレッシュなうちに抽出します。蒸留釜はスチールステンレスを使用し(アロマオイルが鉄や銅などに化学反応を起こすため)植物の持つ重要で微妙な化学成分を破壊しないように、低温、低圧の力でその植物ごとに最適な時間、長時間かけて丁寧に徹底した管理の下で抽出されます。

そして、米国ヤング・リヴィング社から日本へは、「化粧品」「食品添加物」として厚生省の認可を経て輸入されており、原液を直接肌に塗ったり、サプリメントとして飲むことができる、フランス流のアロマテラピーを貫くことができる超高品質であるセラピー等級レベルのグレードのエッセンシャルオイルの抽出・製品化が可能となります。品質の高いアロマ精油には、薬理作用やヒーリングエネルギーだけではなく、宇宙や自然界からのメッセージが、ぎゅっと凝縮されていますので、大変波動が高く、あらゆるスピリチュアルヒーリングにもご活用いただけます。

 
 
 
ヤングリヴィング 名古屋 サロンの画像
 

ヤング・リヴィング社のSeed to Seal®とは、ヤング・リヴィング社における独自のプロセス。その独自プロセス「Seed to Seal®」において品質管理など一連のステップに厳格な基準を設けられ製品がつくられています。ヤング・リヴィング社は、業界の水準をはるかに超えた品質保証プロセスを用いるよう長年努めている、エッセンシャルオイルメーカーの「世界のパイオニア」。

2018年ヤング・リヴィング社は、25周年を迎えようとしている、企業規模のエッセンシャルオイルメーカーの先駆者でもあります。

ヤング・リヴィングのエッセンシャルオイルとの出逢い。